【誤字】袖振り合うも●●の縁【誤解】

皆様こんにちわ、昨夜、午前0時をまわってから突然起き出してスルメの仕掛けこさえてたけーすけで、御座います。
如何お過ごしでしょうか。
そういえば健康診断の結果がまだ来ないなぁ・・・・・不健康診断。

掲題の件ですが、『袖振り合うも●●の縁』"たしょう"の縁なわけですが、自分間違って覚えてた・・・『多少』かなと思いきや、正解は『多生』
Oh La La・・・また要らぬ恥かくところだったぜ・・・フー・・・(;・∀・)。
※既に大恥
しかも意味がぜーんぜーん間違えて理解していましたコトよ!

袖振り合うのも多かれ少なかれ『縁』であるから、出会いというのは貴重なものだとか、なんて一期一会ぽく朧に考えておったわけですが(恥の上塗り)、見事アッパレ不正解。

『多生』について紐解くと、意味は"何度も生まれ変わってくること"。仏教で言う輪廻転生という事のようで(というより既に"多生"これ自体仏語)、全ての物事には偶然はなくこれ全て縁で結ばれた必然という事みたいですね。違ってたらご指摘下され。

つまり、『袖振り合う』も『この世に生まれ出るまで、何度も生死を繰り返している間に結ばれた因縁。前世で結ばれた縁』って事で、縁によって定められた必然って事だそうでござる。
ということで、根本的に意味すら理解してなかった、というイタイお話でした。フー危ない危ない(いや、アウトやし)。

 

困ったものだ。